Skip to content

手軽な方法として知られている多汗症の手術

多汗症の治療にはいくつかの方法がありますが、代表的なものの一つがボトックス注射です。多汗症は、発汗量が多くなりすぎる症状ですが、自分で調整できないため不便を感じている人もいます。汗が多くなる理由は、個人の体質や、何かしらの病気による場合があります。多汗症になる疾患的な要素がない場合は、多汗症を治療することが可能です。多汗症治療のクリニックで採用されている方法として、ボトックス注射があります。ボトックス注射は、5分程度で済む簡単な治療ですが、エクリン汗腺という発汗を盛んにする部位の活動を減らすというものです。ボトックス注射による治療効果は一時的なものですが、それでも半年から1年くらいは効果が続きます。多汗症の症状が緩和されることで、体臭も薄くなりますし、わきがに悩まされる可能性も減ります。多汗症の症状が深刻なものなら、手術による治療が必要になる場合もあります。そこまで極端な症状でなく、発汗部位が手や足くらいなら、ボトックス注射による治療でも事足ります。ボトックス注射は筋肉への注射ではなく、エクリン汗腺に薬液を注射するだけの、簡単な施術です。施術を受けてから2~3日で効果が表れ始め、1週間程で多汗症が改善します。最初のうちは頻繁にボトックス注射を打つ必要がありますが、何度か多汗症治療を繰り返しているうちに、あまり汗をかかなくなることがあります。英語教室 幼児 おすすめ

Published inニュース