Skip to content

値段につられて&不動産屋とダブルパンチくらう

千葉県での出来事。引っ越し先は徒歩5分くらいで行けるすぐ近所でした。単身だし、その時住んでいたのは家具付き物件だったので荷物も少ない。なんとか引っ越し代を安くあげたいなと思っていろいろ探していたら、よいプランを発見しました。

その引っ越し屋はあまり聞いたことがない会社名でした。値段が安くなる理由は時間でした。午後2時にトラックが来るプランだとお値段がぐっとお得になるのです。これだ!と思い、即申し込みました。

その後、その時住んでいた部屋の不動産屋から連絡が入った。私が引っ越す日の夕方に、もちろん引っ越し終了し私が出て行った後、中を他のお客さんにみせてもよいですか?という内容だった。一瞬迷ったものの、特に不都合があるとも思えなかったので、OKした。

さて引っ越し当日、2時になっても業者は来ない。待てども待てども来ない。電話の一本もない。待っているうちに、昼頃まで晴天だったのに雲がどんどん増えて暗くなり、疲れと不安が募る。

やっと電話が来た!と思ったら、不動産屋だった。催促の電話だった。こっちも困ってるんだよね。

更に待つとまた電話。また不動産屋。しかも、私に文句を言う。ヤな感じだ。そういわれても困るんだよね、こっちは親切でOKしたんだから。

更に待って、空が真っ暗になってきたころ、やっと引っ越し業者がやってきた。スタッフは二人だが、なにやら疲れている感じ。午前中の引っ越しが予定よりも非常に荷物が多くて時間がかかってしまったそう。

ちょうどその頃、大粒の雨がゆっくりと落ち始めた。荷物を引っ越し先に運び込むころには結構な降りになってしまった。

退去時のチェックにやってきた不動産屋の男性、非常に感じ悪い。まあ、引っ越しは当日でないと読めないこともあるのだろうけど、不動産屋に親切にしたのが間違いでした。

参考サイト:良い物件は良い不動産屋さんで探そう⇒Click

Published in生活